更年期障害とは?更年期の症状を徹底解剖!

>

更年期障害を改善するには

食事で補う、おすすめの運動

女性の場合は大豆に多く含まれるイソフラボンが、女性ホルモンと似たような働きをするので、大豆食品(煮豆・納豆・豆腐・おから)を積極的に取ると良いとされています。
他にもカルシウムとその吸収を促す、ビタミンD・Kも一緒に取ると良いです。
男性の場合は亜鉛を含む食品(牡蠣・魚介類・海藻・ナッツ類・レバー)を積極的に取ると良いとされています。
亜鉛の吸収を促すのはビタミンCなので一緒に取るようにし、免疫力を低下させない為にも、ビタミンB群・Eも摂取しましょう。
これらを食事で補うのは難しいのでサプリメントを使うと効率よく摂取出来ます。
また少しでも歩くようにしましょう。
更年期障害を緩和する有効な手段の一つが歩く事です。エレベーターやエスカレーターではなく、なるべく階段を使うようにしてみてはいかがでしょうか?

簡単にできるストレスケア

ストレスが貯まった時に、ちょっとしたことでイライラが無くなったりします。
更年期障害に関係なく有効な手段なので、少し紹介します。
定番の深呼吸/ゆっくり限界まで息を吸い込み、ゆっくり吐きます。
この時に肺に限界まで空気を送り込むイメージをしながら、深呼吸をしないと効果がありません。
緑茶を飲む/カフェインはストレス反応を強める性質を持っていますが、緑茶にはカフェインの作用を弱めるテアニンと言う物質が含まれています。
イライラを感じたら緑茶を飲みましょう。
嘘でもいいから笑う/作り笑いをすると脳が勘違いを起こし、幸せホルモンが出るそうです。
嘘でもいいから口元をあげて、目じりを下げて「ニコー」と鏡の前で言ってみましょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る