更年期障害の症状を抑える方法

更年期障害とは?更年期の症状を徹底解剖!

更年期障害の症状とは?

更年期と呼ばれる45歳から55歳くらいの人が更年期障害になりやすいと言われていますが、最近は妊娠出産前の若い女性にも更年期障害と同じような症状が現れるそうです。 更年期障害はホルモンバランスの乱れから起こるものです。 その為、年齢や性別を問わずにホルモンバランスが乱れると症状が発症します。

ホルモンバランスの乱れが更年期障害への1歩

更年期障害になると以下の症状がでてきます。
ほてり・発汗/よくある症状の一つで、突然熱くなり顔から汗が滝のように止まらなくなります。(通称:ホットフラッシュ・自律神経が乱れて起こる症状)
反対に手足が冷たくなる症状もあります。
精神的な症状/感情の起伏が激しく、不安感やうつ状態に陥ったり、集中力が欠けたりと自分で感情のコントロールが出来なくなります。
肩こり・腹痛・腰痛・頭痛/血液の循環が悪くなって、起こる症状の一つで、こちらも自律神経の乱れで引き起こされます。
しかし腹痛や腰痛になる方も多いのですが、他の病気が隠れていたり、他の病気が目立ち、更年期障害である事が分からなくなる場合もあるので注意が必要です。
めまい・耳鳴り/血管がうまく伸び縮みしないので血圧が安定せず、症状として耳鳴りやめまいが出てくる人もいます。
疲労・倦怠感/加齢が進むと疲れが残りやすいからと思いがちですが、これも更年期障害の特徴です。
不眠/うまく夜に寝る事が出来なくなり、場合によっては睡眠薬を飲まなければ眠れない人もいます。
泌尿・生殖器の異常/頻尿や残尿感、尿失禁など泌尿系の症状や、月経異常やED、膣の乾燥による性交痛などの生殖器の異常が見られるようになります。
他にも食欲不振や胃もたれ、皮膚のかゆみや動悸などさまざまな症状がみうけられます。
更年期障害ときくと4・50代の女性がなりやすいイメージですが、男性も更年期障害になります。
また近年、ホルモンバランスも乱れから若い女性も更年期障害に似た症状が発症する事も多くなってきています。

更年期障害の治療法の紹介

更年期障害を発症しても、正しく治療・対処していけば大丈夫です。 女性と男性では発症原因のホルモンの種類が違うので、治療法が少し違います。 またストレスや不規則な生活など環境が原因で発症する場合もありますので、対処と同時にリラックスをし、ストレス発散を心がけましょう。

更年期障害を改善するには

更年期障害を改善するには、ホルモン補充療法が有効的ですが、環境や行動の変化、ストレスを解消する事も改善に繋がります。 ここではどんな運動やどんなサプリメント(成分)が有効や説明していきます。 また簡単に出来るお薦めのストレス解消法も紹介します。

TOPへ戻る